格安スマホ購入前に確認しておきたい「端末の選び方」と「購入方法」

 

こんにちは!「スマホ知恵袋」編集部です。本日から、知ってるようで以外に知らない、誰かに説明するとなると難しい、スマートフォンにまつわるアレコレをお伝えしていきます。

そして今回、第1回目のテーマは「格安スマホ」です。

月額料金の安さで多くの人に選ばれ、近年急速に普及した格安スマホ。少しでもスマホ料金を抑えるために、乗り換えを検討している人も多い時代。

しかし一方で、

・いろいろ機種がありすぎる

・どれがいいのか選びきれない

・購入方法が難しそう

といった疑問や不安を抱いている人も多いはず。

そこで本記事では、格安スマホの端末の選び方と購入方法について解説していきます。この記事を読めば、格安スマホに対して抱いている疑問や不安を解決していきます。

 

格安スマホ/格安SIMってなに?

そもそも「格安スマホ」や「格安SIM」という言葉の意味がよくわかっていないという人も多いのではないでしょうか。まずは格安スマホや格安SIMの基本情報について整理していきます。

 

格安スマホの基本情報

格安スマホとは、端末価格が安いスマートフォンのことをいいます。大手通信会社が販売するスマホは一括で購入すると10万円以上かかることもありますが、格安スマホの場合は2万円程度から購入できるのが特徴です。

 

格安SIMの基本情報

格安SIMとは、MVNOが提供するサービスのことをいいます。MVNOとはキャリアの回線を借りて通信事業をする事業者の総称です。MVNOは自社で通信回線を持たず、大手携帯通信会社の回線をレンタルして提供しているため、大手通信会社が提供するサービスよりもスマホの月額料金が安くなるのが特徴。

 

格安SIMに乗り換えることでどれくらい月額料金が安くなるかは契約プランなどにもよりますが、人によっては月々の支払いを4分の1くらいまで減らせることもあります。とにかくスマホ料金を抑えたいという人には、格安SIMはぴったりです。

 

また格安SIMは、現在使用しているスマホにそのまま使える場合もあります。現在使用しているスマホが「SIMフリー」であれば格安SIMをそのまま使用可能です。現在使用しているスマホがSIMフリーかどうかわからないという人は、格安SIMを取り扱う店舗などに直接確認してみるのがおすすめです。

 

格安スマホ端末のみの購入について

格安スマホの端末は、格安SIMと契約しなくても購入できます。格安スマホの購入と格安SIMの契約は同時に行うのが一般的ですが、格安スマホの端末購入のみでもメリットはあります。

 

端末のみを購入するメリット

・好きな端末を購入できる

欲しい端末があったとしても、契約しようとしている携帯電話会社が取り扱っていないという場合もあります。しかし端末のみの購入であれば、多くの選択肢の中から好きな端末を選ぶことができます。

 

・中古端末が選択肢に入る

端末のみの購入であれば、値段が安い中古端末を選ぶということもできます。オークションなどに出品されている端末であれば、半額程度の金額で購入できることも。

 

・契約変更の必要がない

現在契約している携帯電話会社を使い続けたいという場合も、端末のみの購入であれば契約変更をしなくて済みます。

 

格安スマホ端末の選び方

 

格安スマホの機種数は年々増加しています。特にスマホに関する知識が少ない人は、どの端末を選べばよいのか迷ってしまいますよね。ここでは格安スマホ端末の選び方について解説していきます。

 

価格

スマホは決して安い買い物ではないので、本体価格は購入の大きな決め手となる材料です。

 

近年の格安スマホ端末は1万円台のものから3万円程度のものまで様々。しかしLINEやSNSといった基本的なサービスだけであれば、どんな機種でも同じように利用できます。よって基本的なスマホの機能が使えればよいという人は、1万円台の機種でも十分に事足りるでしょう。

 

一方で高価な機種については、カメラの画質やディスプレイの美しさなど、端末の性能が高くなります。スマホにプラスアルファの性能を求める人は、高価な機種も選択肢に入ってきます。

 

性能

近年はスマホに電話やメッセージ以外の機能を求める人も多くなったので、本体の性能も事前にチェックしておきたい項目です。具体的には、下記のような項目をチェックしておきましょう。

 

・カメラの性能

画質はもちろん、多彩な撮影モードを有するスマホだと様々なシーンで美しい写真が撮れます。

 

・ディスプレイの美しさや大きさ

ディスプレイが綺麗だと、動画などを鑑賞する際もより迫力ある映像が楽しめます。またディスプレイが大きいと動画や写真が美しく映えるだけでなく、スマホの操作もしやすくなります。

 

・バッテリー容量

SNSや動画サービス、位置情報を利用したアプリなどを頻繁に利用する人は、バッテリー容量が大きい製品を選ぶべきです。

 

・防水性能の有無

お風呂やプールでスマホを使いたい人などは、防水性能が必須となります。

 

先述の通りこれら端末の性能が高くなるほど本体価格も高くなるので、自分がスマホに何を求めるのかを考慮して機種を選ぶ必要があります。

 

メーカー

好みによる部分も大きくなりますが、メーカー(ブランド)も格安スマホ端末を選ぶ際の判断基準となります。メーカー毎にデザインに特徴があったり、カメラやディスプレイなど得意とする領域が異なったりもします。自分の好きなメーカーやブランドがあるという人は、ぜひチェックしておきましょう。

 

格安スマホ端末のみを購入する方法

格安スマホ端末のみを購入したいのであれば、下記のような場所で手に入れることができます。

 

家電量販店

家電量販店には様々な機種のスマホ端末が置かれており、実際にスマホを手にとって使い心地を試すことができます。また、自分に合ったスマホ端末がどれなのか店員さんに相談することもできるので、どの機種を購入するのか全く決まっていないという人にもおすすめです。

 

MVNOサイト

LINEモバイルや楽天モバイルなどのMVNOサイトでは、1つのサイト内で様々な格安スマホ端末を紹介しているので、横並びの比較がしやすくなっています。様々なスマホ端末の情報を収集した上で購入したいという人に、MVNOサイトはおすすめです。

 

加えてMVNOならではの格安スマホ・格安SIMのセット販売や、期間限定のキャンペーンなども実施されることもあるので、定期的にチェックしておくとよりお得に格安スマホ端末が購入できます。

 

おすすめのスマホ端末

格安スマホ端末の選び方や購入方法について解説してきましたが、やはりスマホ端末の種類は無数にあるので、迷ってしまうという人も多いはずです。ここでは具体的なおすすめスマホ端末について厳選して紹介していきます。どの機種にしようか迷っているという人は、参考にしてみてください。

 

R15 Neo

2万円前後で購入できる端末でありながら、高価な機種にも負けないスペックを備えたコスパの高い機種です。スマホゲームにも特化しており、プレイ中のフリーズやカクつきを回避する「ゲーム加速モード」が搭載されています。値段を抑えつつ、最低限のスペックを備えたスマホが欲しいという人におすすめです。

 

・メーカー希望小売価格:19,250円

・メインカメラ画素数:1,300万画素

・ディスプレイ解像度:1,520×720

・ディスプレイサイズ:6.2インチ

・バッテリー容量:4,230mAh

 

AX7

大画面、高機能カメラ、大容量バッテリーと、スマホにおいて需要の高い機能を満遍なく搭載した機種です。特に4,230mAhの大容量バッテリーは、SNSなどを頻繁に利用する人でもバッテリー切れの心配がありません。機能面のバランスに優れているので、スマホのことがよくわからないという人にもおすすめできる機種です。

 

・メーカー希望小売価格:32,270円

・メインカメラ画素数:1,300万画素+200万画素

・ディスプレイ解像度:1,520×720

・ディスプレイサイズ:6.2インチ

・バッテリー容量:4,230mAh

 

R17 Pro

超高画質カメラを搭載したモデル。さらに、指先でロック解除できる機能や、わずか10分で40%の充電ができるバッテリーも搭載。スマホを色々なことに使いたい人にはぴったりの機種です。

 

・メーカー希望小売価格:69,880円

・メインカメラ画素数:1,200万+2,000万画素

・ディスプレイ解像度:2,340x1,080

・ディスプレイサイズ:6.4インチ

・バッテリー容量:3,700mAh

 

まとめ

近年格安スマホのメーカーが増え、入手しやすくなったことで、様々な格安スマホを選べるようになっています。格安スマホを選ぶ際は、自分がスマートフォンに何を求めるのかを考えてみるのが大切。格安スマホの特徴を比較して、自分に合った1台を見つけましょう。

 

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル

オッポについて

お問い合わせ

Copyright © 2019 オッポジャパン株式会社. ALL RIGHTS RESERVED