スマホの充電の減りが早いと感じた時に確認すべき原因と対策

スマホを使っていて、

「最近、充電の減りが早いな…。」

と感じたことはありませんか?スマホはガラケーと比べても消費電力が大きく、決して電池持ちが良い電子機器ではありません。

 

しかしスマホの充電の減りの早さは、原因さえわかれば対策が施せます。

 

本記事では、スマホの充電の減りが早くなる原因と対策について解説します。この記事を読むだけで、今日からスマホの充電が長持ちするはずです。

 

スマホの充電の減りが早いのは何故?

 

スマホの本体スペックを見ると、「フル充電で◯時間の連続使用が可能」といった記載がされていますよね。しかし実際、スペックに記載されている時間ほどスマホの充電が長持ちしないと感じている人は多いのではないでしょうか。

 

スマホの充電の減りが早いのには、何かしらの原因があります。まずはスマホの充電の減りを早める原因についてみていきましょう。

 

バッテリーの劣化

スマホのバッテリーは、ずっと同じパフォーマンスを発揮してくれるわけではありません。バッテリー内部の化学材料は充電を繰り返すたびに劣化し、少しずつ持ちが悪くなっていきます。

 

特に1年以上同じスマホを使っていると、バッテリーの劣化は顕著に現れやすいです。一度劣化したバッテリーは回復してくれないので、残念ながら交換以外の選択肢はありません。

 

不要な機能をオンにしている

不要な機能をオンにしていると、スマホの充電の減りは早くなります。常に通信や情報取得を繰り返すことで、目に見えないところで電力が消費されるという仕組みです。

 

具体的には、以下のような機能がオンになっていると充電は減りやすいです。

 

□Bluetooth

周辺機器と無線接続を行うBluetoothは、オンにしているとスマホが常に接続できる機器を探し回ってしまうので、充電の減りが早くなります。

 

□GPS

スマホの現在位置を検出してくれるGPSは、オンにしていると常に通信を行うので、充電の減りを早めてしまいます。

 

□Wi-Fi

Wi-Fiについても、オンにしているとスマホが常に接続できる場所を探し回ってしまうので、充電の減りを早める原因となります。

 

□アカウントの自動同期

Googleアカウントなどはスマホに登録し、自動同期をオンにしておくと、メールやカレンダーの内容を常に最新状態にしてくれます。ただしその分通信が発生するので、充電の減りが早くなります。

 

上記の機能は不必要にオンにしていると、スマホの充電の減りが大幅に早まるので注意しましょう。

 

アプリの利用

ゲームや動画など、消費電力が大きいアプリを使っていると、充電の減りも早まります。

 

加えてアプリを完全にシャットダウンせず、バックグラウンドで起動させたままにしている人も要注意。アプリは完全にシャットダウンしないと電力を消費し続けます。

 

アプリの使い方は充電の減りを大きく左右するので、注意が必要です。

 

画面の明るさ

画面の明るさと充電の減りの早さは比例します。画面を明るくするということは、単純にそれだけ電力を使うので、充電を消費する原因です。

 

必要以上に画面を明るくしている人は、無駄に充電を減らしていることになります。

 

スマホの充電を長持ちさせるポイント

スマホの充電の減りが早い原因がわかれば、おのずと対策方法も見えてきます。続いてはスマホの充電を長持ちさせるポイントについてみてきましょう。

 

使わない機能はオフにする

使わない機能をオフにすれば、通信や情報取得の回数が減り、充電は長持ちします。具体的には、下記の4つの機能は特に充電を減らしやすいので、使っていないのであればオフにすべきです。

 

・Bluetooth

・Wi-Fi

・GPS

・アカウントの自動同期

 

それぞれの機能をオフにする方法を下記に示します。

 

□Bluetoothをオフにする方法(android)

①「設定」を開き、「Bluetooth」を押下します。

 

②再度「Bluetooth」を押下すると、Bluetoothがオフになります。

 

□Bluetoothをオフにする方法(iOS)

①「設定」を開き、「Bluetooth」を押下します。

 

②再度「Bluetooth」を押下すると、Bluetoothがオフになります。

 

 

□Wi-Fiをオフにする方法(android)

①「設定」を開き、「Wi-Fi」を押下します。

 

②「Wi-Fiをオンにする」を押下すると、Wi-Fiがオフになります。

 

□Wi-Fiをオフにする方法(iOS)

①「設定」を開き、「Wi-Fi」を押下します。

 

②再度「Wi-Fi」を押下すると、Wi-Fiがオフになります。

 

 

 

□GPSをオフにする方法(android)

①「設定」を開き、「その他の設定」を押下します。

 

②「デバイスおよびプライバシー」を押下します。

 

③「位置情報」を押下します。

 

④「ロケーションサービス」を押下すると、GPSがオフになります。

 

□GPSをオフにする方法(iOS)

①「設定」を開き、「プライバシー」を押下します。

 

②「位置情報サービス」を押下します。

 

③再度「位置情報サービス」を押下すると、GPSがオフになります。

 

□アカウントの自動同期をオフにする方法(android)

①「設定」を開き、「アカウントと同期」を押下します。

 

②「自動同期データ」を押下すると、アカウントの自動同期がオフになります。

 

□アカウントの自動同期をオフにする方法(iOS)

①「設定」を開き、「パスワードとアカウント」を押下します。

 

②「アカウント」の中から、自動同期をオフにしたいアカウントを押下します。

 

③自動同期をオフにしたいアプリを押下すると、自動同期がオフになります。

 

バックグラウンドのアプリは消す

バックグラウンドで起動しているアプリは電力を消費するので、常に消すよう心掛けると充電が長持ちします。

 

バックグラウンドのアプリを消す方法を以下に示します。

 

□バックグラウンドのアプリを消す方法(android)

①ホーム画面左下の□を押下します。

 

②バックグラウンドで起動しているアプリが表示されるので、上方向にスライドして消します。なお下側にある×ボタンを押すと、起動している全てのアプリを消すことができます。

 

□バックグラウンドのアプリを消す方法(iOS)

①バックグラウンドで起動しているアプリ一覧を表示させます。アプリ一覧を表示させる方法は、iPhoneの世代によって異なります。

 

【iPhone8以前(ホームボタンあり)】

ホーム画面において、ホームボタンをダブルタップします。

 

【iPhoneX以降(ホームボタンなし)】

ホーム画面下部分に表示されている黒いバーを、上方向にスワイプする。

 

②バックグラウンドで起動しているアプリが表示されるので、上方向にスライドして消します。

 

画面の明るさを調整する

 

画面の明るさは、暗くすればするほど消費電力が小さくなります。明るい室内などでは明るさを落としても十分に画面は見えるので、都度調整すると充電が長持ちします。

 

画面の明るさを調整する方法を以下に示します。

 

□画面の明るさを調整する方法(android)

①「設定」を開き、「ディスプレイおよび輝度」を押下します。

 

②一番上にあるバーで、画面の明るさを調整します。

 

なおOPPOのColorOS 6の場合は、ホーム画面を上から下にスワイプするだけで明るさの調整画面が出てきます。

Image

 

□画面の明るさを調整する方法(iOS)

①「設定」を開き、「画面表示と明るさ」を押下します。

 

 

②一番上にあるバーで、画面の明るさを調整します。

 

バッテリー自体の劣化を防いで長持ちさせるには?

一度劣化したバッテリーを回復させることはできませんが、バッテリーを劣化させないように扱うことはできます。ここではバッテリーが劣化する理由とその対策についてみていきましょう。

 

バッテリーが劣化する理由

スマホのバッテリーが劣化する理由として、下記のような原因が挙げられます。

 

①サイクル劣化

スマホの充電を繰り返すことで、バッテリーは劣化していきます。バッテリーに負担をかけながら充電を繰り返すと、劣化は更に早まります。

 

②保存劣化

バッテリーは充電中以外にも常時負荷がかかっており、日々少しずつ劣化が進んでいます。特にバッテリーが0%もしくは100%の状態は負荷が大きく、劣化が更に早まります。

 

③高温環境

スマホのバッテリーに使われている化学材料は高温環境に弱く、過剰な熱が加わると劣化が進みます。

 

バッテリーの劣化を防ぐ方法

バッテリーが劣化する原因を踏まえ、以下のような対策を心掛けると、バッテリーは長持ちします。どれも簡単に実践できるので、今日から意識してみましょう。

 

①スマホを使いながら充電しない

スマホを使いながら充電すると、バッテリーに大きな負担がかかります。特にゲームや動画再生は消費電力が大きく、負担が大きいので注意しましょう。

 

②バッテリーが0%になる前に充電を開始する

バッテリーが0%の状態は「過放電状態」と呼ばれ、何もしていなくてもバッテリーへの負担が大きくなります。バッテリーは0%になるまで使い切るのではなく、0%になる手前で充電を開始するようにしましょう。

 

③バッテリーが100%になる前に充電を止める

スマホのバッテリーは充電が100%になると、100%の状態をキープし続ける仕様になっています。しかしバッテリーが100%の状態は、内部電圧が高まり負担が大きい状態でもあります。バッテリーは充電して放置するのではなく、100%になる手前で充電を止めるようにしましょう。

 

④高温環境にさらさない

スマホを高温環境にさらすと、バッテリーの内部材料が劣化しやすくなります。特に夏場の車内などにスマホを放置してしまうと、バッテリーに大きな負担がかかるので注意しましょう。

 

まとめ

スマホの充電の減りが早いと感じたら、バッテリーに負担をかける使い方をしているサインです。原因を突き止め、対策を実施すれば、スマホの充電は再び長持ちするようになります。

 

加えて近年は、大容量バッテリーを搭載したスマホや、高速充電に対応したスマホも販売されています。

 

□OPPO「Reno 10x Zoom」

OPPO製品の中では値段は高めの高級モデルで、バッテリー容量は4,065mAh。ゲームや動画鑑賞が多い人でも、充電なしで1日中使えます。加えてしばらく使用していないアプリを自動で停止する「AIアイスボックス」の機能で、省電力を実現。充電速度についても「VOOC3.0」を搭載しているのでハイスピードです。詳しくは⇒https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno-10x-zoom/

 

□OPPO「R17 Pro」

OPPO製品の中では中間の価格帯であり、大容量・高速充電の両方を兼ね備えた人気モデルです。バッテリー容量は3,700mAhと、丸1日連続して使える十分な容量。加えて「SuperVOOC フラッシュチャージ」を搭載し、わずか10分で40%の充電が完了します。バッテリーの性能にこだわりたい人も満足できる1台です。詳しくは⇒https://www.oppo.com/jp/smartphone-r17-pro/

 

□OPPO「AX7」

OPPO製品の中では比較的安い値段で購入できるモデルで、バッテリー容量は4,230mAh。2万円前後で購入できるにも関わらず、現行で販売されているスマホの中でもトップクラスのバッテリー容量を誇ります。安価でコスパの高いスマホが欲しいという人におすすめです。詳しくは⇒https://www.oppo.com/jp/smartphone-ax7/

 

スマホの快適に利用したい人は、ぜひチェックしておきましょう。

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル

オッポについて

お問い合わせ

Copyright © 2019 オッポジャパン株式会社. ALL RIGHTS RESERVED