Bluetooth(ブルートゥース)って何ができるの? Bluetoothでイヤホンもマウスもワイヤレスに!

スマホなどのデジタル機器には『Bluetooth(ブルートゥース)』という機能が備わっています。しかし、使い方がよくわからず、一度も利用したことがないという人もいます。

また、「Wi-Fiは知っているけど何が違うの?」と疑問に思っている人も多いはず。

そこで今回は、Bluetoothとは一体どのような機能なのか、Bluetoothが使える製品やその接続方法を解説します。この記事を読んで、Bluetoothの疑問を解消しましょう。

 

そもそも「Bluetooth(ブルートゥース)」とは?

Bluetooth(ブルートゥース)を耳にしたことはあるが、機能がよくわからないという人のために、仕組みやできることを解説します。

 

Bluetoothとは

Bluetoothとは無線LAN通信規格の1つで、スウェーデンのエリクソン社が開発に成功しました。

その特徴は『コードやケーブルがない状態で、近距離でのデジタル機器の通信ができる』という点です。電波を使って接続するため、ケーブルがいらないためコードが絡まるなどのトラブルが発生しません。

 

Bluetoothの『バージョン』と『Class』

Bluetoothには『バージョン』と呼ばれる機能の進化と、『Class』と呼ばれる電波強度の規定が存在します。

 

【バージョン】

Bluetoothは1999年にバージョン1.0が発表されたあと1.1から製品に普及し、1.1・2.0・2.1・3.0・4.0・4.2…と修正と進化を繰り返しています。現在では最新版の5.0が普及しました。

 

バージョンが最新になるほど通信速度や通信範囲が向上し、距離が離れていてもデジタル機器の接続が可能。機器同士のタイムラグも減少しています。

 

【Class】

電波強度を表す値で製品によって対応しているClassが異なり、現在は3つのClassに分類されています。

 

・Class1:出力(100mW)、通信距離(約100m)

・Class2:出力(2.5mW)、通信距離(約10m)

・Class3:出力(1mW)、通信距離(約1m)

 

例えばClass2の製品なら、最大10mの範囲で通信できるのです。

 

Wi-Fiとの違いは?

Wi-FiもBluetoothと同じ無線LAN通信規格の1つで、商標登録されています。そのため、Wi-Fiを管理しているWi-Fi Allianceに承認されたデジタル機器しかWi-Fiを名乗ることができません。

 

どちらもケーブル無しでデジタル機器同士を接続するという特徴がありますが、通信距離や通信速度に違いがあります。

 

【Wi-Fi】

Bluetoothよりも通信距離や通信速度に優れているため、インターネットの接続環境を社内で整えるときによく使われています。Wi-Fi Allianceに承認されている製品なら、メーカーが異なっていても接続が可能。デジタル機器を違う部屋に移動させても、電波の届く範囲内ならインターネットに接続できます。

 

【Bluetooth】

Bluetooth対応の製品を接続させることで、近距離でやりとりができます。通信距離や通信速度はWi-Fiに劣りますが消費電力が低いため、Wi-Fi接続よりもバッテリーの消費が少ないです。

 

Bluetoothが使えるもの

 

ワイヤレス(ケーブルがいらない)でデジタル機器を接続できるBluetoothはとても便利です。この項目では、Bluetoothが使える製品と、接続することで得られるメリットを合わせて解説していきます。

 

イヤホン

イヤホンには左右独立タイプやネックバンドタイプなどさまざまな形で販売されています。ワイヤレスなので、鞄の中でイヤホンが絡まったりすることはありません。また、スポーツをするときにコードが邪魔にならないこともメリットです。

 

スピーカー

スマホやiPhoneから直接音楽を聴くときは出力できる音量に限界がありますが、Bluetooth対応のスピーカーを使うと音量をさらに上げることができ、臨場感も出すことができます。持ち運びができるスピーカーならキッチンに移動させて料理中に音楽を楽しむことも可能。

 

また、ドライブや屋外イベントで音楽を流すときに、事前にスピーカーをほかの人のスマホとペアリングさせておけば、スマホで再生している曲をスピーカーから流して共有することができます。

 

パソコン周辺機器(マウス、キーボード)

ケーブルを使ってパソコンに接続させるのが基本のマウスやキーボードも、Bluetooth対応の機器ならワイヤレスで操作ができます。ケーブルの長さで動作が制限されないため、マウスやキーボードの位置を範囲内で自在に移動させることができるので、おすすめです。

 

コーヒーマシン

家で手軽にコーヒーが作れるコーヒーマシンも、Bluetooth対応が増えています。スマホに専用アプリをダウンロードしておくと、コーヒー豆の分量・水の分量・泡立ちのタイプなどが好みに沿って細かく設定でき、オリジナルコーヒーを作ることが可能です。

 

テザリング

テザリングとはスマホのモバイルデータ通信(docomo、au、SoftBankなどのキャリア独自の電波)を使って、パソコンやタブレットをインターネットに接続させる方法です。

 

インターネットが使えないエリアでもキャリアの電波が使えるなら、パソコンやタブレットをネットに接続させることができます。テザリングはWi-Fi・Bluetooth・USBのいずれかで利用が可能です。

BluetoothはWi-Fiでテザリングするよりも通信速度が遅くなりがちですが、設定が簡単でスマホのバッテリー持続がよいことがメリットです。

 

Bluetoothの接続方法(ペアリング)

 

Bluetoothを使用するときは製品同士を紐づける『ペアリング』と呼ばれる作業が必要ます。ここで紹介するペアリングの方法を参考にしてみましょう。

 

ペアリングとは

『ペアリング』とはBluetoothに対応している2つのデジタル機器のペアリング情報を、お互いの製品に登録し合う作業です。一度登録が済むと2回目以降はこの作業を行う必要はありません。

 

ペアリング方法

1. 接続させたいイヤホンやスピーカー、パソコン周辺機器のBluetooth機能をオンにしましょう。本体の電源ボタン・設定ボタン・コネクトボタンなどを長押しするとオンになります。

 

2. イヤホンやスピーカーと接続させるスマートフォンのBluetooth機能をオンにします。スマホの設定からBluetoothを探し、スイッチをオンにしましょう。

 

3. スマホがBluetooth接続対応のデジタル機器を探し始めると、接続可能な製品の名前が一覧で表示されます。イヤホンやスピーカーの名前を探しましょう。

 

4. 接続させる製品の名前を選んでペアリングを開始します。このとき、ペアリングするためのパスワード(PINコード)入力が必要になるので、イヤホンやスピーカーの取扱説明書に記載されているPINコードを入力します。

 

5. イヤホンやスピーカーから音が出たらペアリングは成功です。2回目以降はイヤホンの電源を入れてスマホのBluetooth機能をオンにすると、ペアリングしなくても自動的に接続されます。

 

Bluetoothがつながらないときの対処法

 

Bluetoothは製品同士のペアリングがきちんとできていないと繋がりません。うまく作動しないときの対処法を解説します。

 

【製品名が正しいか確認する】

ペアリングするときBluetoothに接続できるデジタル機器が周辺に複数あると、スマホはすべての製品を認識します。接続させたい製品の名前を自分がきちんと選んでいるか確認しましょう。

 

【一度ペアリングを解除する】

スマホ側:設定画面からBluetoothを選び、ペアリングされている製品の名前横の設定マーク(歯車マークなど)を押します。『切断』または『ペアリングを解除』を選択。ペアリングを解除したデバイスを再度接続したい場合は、もう一度ペアリング設定を行いましょう。

 

イヤホン側:イヤホンやスピーカーなどのペアリングモードを解除します。電源ボタン・設定ボタン・コネクトボタンなどを長押しすると解除が可能。その後、もう一度最初からペアリング設定を行います。

 

Bluetoothを使用する際のポイント

 

Bluetoothを使用する際のポイントを覚えておくと「接続できない」などのトラブルに巻き込まれません。この項目では、ポイントを3つ解説します。

 

①充電が必要

Bluetoothはデジタル機器のバッテリーを使って接続させるため、スマホやイヤホン、スピーカーなどを充電しておく必要があります。Bluetoothの様子が「おかしいな」と感じたら、バッテリーを確認してみましょう。

 

②通信距離

通信距離は前述したClassごとに決まります。しかし、Class1に分類されているデジタル機器のすべてが100mの距離で接続できるわけではありません。

 

2.5mW以上の出力が出るとClass1として分類されてしまうため、同じClassでも製品によって通信できる距離に違いが出ます。各製品のClassを確認して購入・接続しましょう。

 

③バージョン

Bluetoothのバージョンは、1.1・2.0・3.0・4.0・5.0と数字が大きくなるほど新しく普及されたタイプになります。注意しなければならないのが、3.0以前と4.0以降のバージョンで互換性が違う点です。4.0以降に技術の仕様が大幅に追加されたため、3.0以前のバージョンと互換性がなく通信できない可能性が高くなります。

 

・バージョン1.1〜3.0に対応した2つの製品同士は通信可能

・バージョン3.0以前の製品と4.0以降の製品同士は通信不可

・バージョン4.0〜5.0に対応した2つの製品同士は通信可能

 

Bluetoothのバージョンとお持ちのデジタル機器が適合しないと使えないので注意しましょう。

 

まとめ

 

Bluetoothは無線LAN通信規格の1つで、ワイヤレスでデジタル機器同士の接続ができます。ケーブル無しでもイヤホンやスピーカーで音楽が聴けて、マウスやキーボードでパソコンの操作が可能。また、スマホのモバイルデータ通信でテザリングを行えば、インターネットがない環境でもネットを楽しむことができます。ペアリング設定を最初に行う必要がありますが、一度接続すれば2回目以降はBluetooth機能をオンにするだけで自動的につなぐことができるので便利です。お手持ちの機器でぜひ試してみてください。

 

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル

オッポについて

お問い合わせ

Copyright © 2019 オッポジャパン株式会社. ALL RIGHTS RESERVED