機種変更する前に要確認!LINEの引き継ぎ方法

 

今や友人との日常会話だけでなく、会社でのやりとり、保育園や幼稚園などの連絡網など幅広く利用されているSNSアプリがLINEです。

 

LINEのような、コミュニケーションができるSNSアプリは他にもたくさんリリースされていますが、日本ではLINE利用率が80%を超えており、スマートフォン利用者のほとんどがLINEユーザであるという結果が公表されています。

LINEを利用していて不便に感じるのは、それまで利用していたスマートフォンを替える時です。

 

スマートフォンを変更してもそれまで利用していたLINEアカウントを引き続き利用するには、正しいステップで引き継ぎをする必要があります。

 

この記事では、LINEの引き継ぎを確実に行って機種変更後も快適にLINEを利用する方法についてご紹介します。

 

引き継げるデータ・引き継げないデータ

スマートフォンの機種変更を行った時に、LINEのアプリ上では「引き継げるデータ」と「引き継げないデータ」があります。

どのようなデータが引き継ぎ可能で、どのようなデータは引き継ぎができないのか、ここではご紹介します。

 

引き継げるデータ

スマートフォンの機種変更を行った時にLINEで引き継ぐことができるデータは以下などが挙げられます。

 

・友だちリスト、グループ

・プロフィールの設定・・・名前、LINE ID、プロフィール画像

・スタンプ、着せかえ

・アルバムやノートへの投稿内容

・Keepに保存した画像や動画・テキストなどの各種データ

・課金で手に入れたアイテムの購入履歴やコイン・LINEポイントの残高

・LINE連動するアプリのデータ・・・LINEゲーム、LINE PLAY

 

これらのデータを引き継げば、スマートフォンの端末を変更した後も以前と同じようにサービスを利用することができます。※トーク履歴についてはデータの引き継ぎができないため、事前のバックアップをおすすめします。

 

引き継げないデータ

AndroidからAndroidへ、iPhoneからiPhoneへなど、OSの変更を伴わないスマートフォンへ機種変更を行った時に、トーク履歴以外のデータはLINEで引き継ぐことが可能です。

 

正しいステップを踏めば、確実にデータを引き継ぐことができます。

 

OSが異なると引き継げないデータ

スマートフォンの機種変更を行った時に、「iPhone から Android」 に「AndroidからiPhone」のように、OSの変更を伴う場合には、コイン残高の引き継ぎができません。機種変更を行う前に使い切った方が良いので注意が必要です。

 

LINE引き継ぎの事前準備

LINEの引き継ぎを行うためには、事前にどのような準備が必要なのでしょうか。

 

ここではLINE引き継ぎの事前準備としてやるべき事についてご紹介します。

 

アカウント情報を設定

①まずはLINEのホーム画面を表示します。

 

②右上の「歯車ボタン」から設定を開きます。

③設定の中から「アカウント」をタップします。

④電話番号、メールアドレス、パスワードを順番に設定していきます。

メールアドレスとして登録するものは、携帯電話会社が提供しているものではなく、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスがおすすめです。

 

理由としては、スマートフォンの機種変更をする際に携帯電話会社も変わる場合、携帯電話会社のメールアドレスが利用できなくなってしまうからです。LINEの引き継ぎもうまくいかなくなってしまう可能性があります。

 

アカウント引き継ぎ設定をONにする

続いてアカウント引き継ぎ設定をONにしましょう。

 

①LINEのホーム画面を表示します。

②左上の「歯車」ボタンを押して「設定」を開きます。

③「アカウント引き継ぎ」をタップします。

④「アカウントを引き継ぐ」をONにします。

アカウント引き継ぎ設定をオンにしてから36時間以内に新しいスマートフォンに引き継ぐ必要があります。

 

トーク履歴をバックアップ

ここまでできたら次に行うのはトーク履歴のバックアップです。

スマートフォンの変更をAndroid同士で行う場合には、トーク履歴をGoogleドライブにアップロードします。また、iPhone同士で行う場合はiCloudを利用してバックアップを行います。

 

①まずはLINEのホーム画面を表示します。

②右上の「歯車」ボタンから「設定」を開きます。

③設定の中から「トーク」をタップします。

④「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップします。

⑤「Googleドライブにバックアップする」をタップします。

 

LINEの引き継ぎ方法

 

ここまでの事前準備ができれば、次はLINEの引き継ぎです。

 

LINEの引き継ぎには2通りの方法があり、どちらかの条件を満たしている必要があります。

①LINEアカウントに電話番号⋅メールアドレス⋅パスワードを登録している

②LINEアカウントにFacebookを連携させている

 

引き継ぎを行うためにそれぞれどのような操作が必要かご紹介します。

 

①LINEアカウントに電話番号⋅メールアドレス⋅パスワードを登録している

 

・電話番号を登録している場合

 

 

引き継ぎ先の新しいスマートフォンでLINEアプリをダウンロードして初めてアプリを開くと、「はじめる」のボタンが表示されます。

 

このボタンをタップすると、LINEに登録している電話番号の入力が求められます。

 

電話番号を入力すると、その電話番号宛に認証番号が記載されたSMS メッセージが送信されます。

 

受信したSMSメッセージに記載された認証番号をLINEアプリに入力することによって、「おかえりなさい、(名前)」と表示されます。

 

その名前が自分であれば、「はい、私のアカウントです。」をタップします。

 

パスワードの入力を求められるので、あらかじめ登録しておいたパスワードを入力します。

 

これでLINEの引き継ぎが完了します。

以下のキャプチャも参考にしてみてください。

①LINEを開きます。

 

②「はじめる」をタップします。

③「電話番号の入力」をタップします。

 

④「SMSに届いた番号を入力」をタップします。

 

⑤「はい、私のアカウントです。」をタップします。

 

⑥「パスワードの入力」でパスワードを入力します。

 

・電話番号もしくはメールアドレスとパスワードを登録している場合

 

新しいスマートフォンにインストールしたLINEアプリを開き、「アカウントを引き継ぐ」をタップします。

 

「ログイン方法を選択」が表示されたら、前のスマートフォンで利用していた電話番号か、LINEに登録したメールアドレスを選ぶことができます。

 

どちらを選んで入力しても、その後にパスワードの入力が求められます。

 

パスワードが未登録の場合は...

パスワードが未登録の状態でLINEの引き継ぎを始めてしまうと、引き継ぎの操作途中でパスワードの設定を求められます。

 

引き継ぎ前のスマートフォンのLINEでアカウント引き継ぎ設定がオンになっている場合では、パスワード登録画面が表示されます。

 

一方で、引き継ぎ前のスマートフォンのLINEでアカウント引き継ぎ設定がオフの場合では、前のスマートフォンに認証番号が送られるのでそれを新しいスマートフォンで入力することでパスワード登録画面を表示することができます。

 

②LINEアカウントをFacebook連携する方法

 

予めLINEアカウントをFacebookに連携しておくと、FacebookのアカウントにログインすることでLINEアカウントの引継ぎを行うことができます。移行できるデータは、電話番号によるLINE引継ぎの場合と違いはありません。

 

Facebookアカウントの連携手順は下記の通りです。

 

①まずはLINEのホーム画面を表示します。

②左上の歯車ボタンから設定を開きます。

③設定の中から「アカウント」をタップします。

④Facebookの[連携する]をタップをタップします。

⑤確認画面が表示されるので、”続ける”をタップします。

 

⑥Facebookへのログイン画面が表示されるので、Facebookアプリでログインするか、電話番号またはメールアドレスでログインをタップします。

※Facebookアプリを利用中の場合はFacebookアプリでログインをタップすると、パスワードを入力せずにログインすることが可能です。

 

⑦アカウント画面のFacebook欄が連携解除の表示に変われば設定が完了です。

電話番号の認証が不要のため、電話番号を変更していてもリカバリー手段として利用できるので、Facebookログイン(連携)の設定をしておくことをおすすめします。

 

LINEを引き継げない・失敗してしまったときの対処法

LINEの引き継ぎ自体は難しい作業ではありませんが、多くの事前準備が必要なので、作業を行う前に忘れている項目が無いかチェックを行いましょう。

 

メールアドレスを忘れた

LINEに登録しているメールアドレスを忘れてしまった場合には、LINEのメールアドレスの変更をする必要があります。

引き継ぎ前のスマートフォンでLINEにログインしている状態で、以下の操作を行ってみてください。

 

①まずはLINEのホーム画面を表示します。

②右上の歯車ボタンから設定を開きます。

③設定の中から「アカウント」をタップします。

④「メールアドレス」をタップします。

⑤「メールアドレス変更」をタップします。

⑥新しいメールアドレスを入力します。

⑧メールアドレスに届いた認証番号を入力します。

⑨「メールアドレスが登録されました」の表示が出れば、登録完了です。

パスワードを忘れた

LINEを新しいスマートフォンに引き継ぐ際に、前のスマートフォンで登録したパスワードを忘れてしまった場合には、パスワードの再発行を依頼する必要があります。

 

新しいスマートフォンでLINEアプリをインストールし、立ち上げた後で、以下の操作をします。

 

①まずはLINEを開きます。

②「はじめる」をタップします。

③「電話番号の入力」をタップします。

 

④「SMSに届いた番号を入力」をタップします。

⑤「はい、私のアカウントです。」をタップします。

 

⑥「パスワードを忘れた場合」をタップします。

 

⑦「LINEに登録したメールアドレスを入力する」をタップして、メールアドレスを入力します。

メールアドレスに届いたメールのURLをクリックすると、パスワードを再設定する画面に遷移します。

 

⑧パスワードを再設定しましょう。

⑨下記のように表示されればパスワード設定が完了です。

https://lh6.googleusercontent.com/NNIXu9zEzFUTsTXm1-OrwYP96bHxBuPnS7CeiQ2tV-Q18yiblFQGz93K9_d5vcE6jMO4pUQUVobFvbIkQzFDJ5Skdda6HoSDFrhvsa0BoBB1eAdI30plnioIsqmbv-gR6wWMAJj5

2段階認証ができない

2段階認証ができない場合には、LINE公式のサポートURL(https://contact-cc.line.me/)で問題を対処してもらえるよう依頼する必要があります。

 

この問い合わせフォームから2段階認証ができないことを伝え、LINEの運営チームができるように整えてくれるのを待つことになります。

 

電話番号認証ができない

LINEの電話番号認証ができないのは、SMSを利用することができない格安SIMの電話番号を入力していることが原因となっている場合があります。

そのよことを知らずに格安SIMに乗り換えてしまった場合には、電話番号認証の方法ではなく、Facebookを利用した引き継ぎを試みてください。

 

トーク履歴が引き継げない

トーク履歴を引き継ぐためにはiPhoneとandroidでそれぞれ下記方法での引き継ぎ作業が必要となります。

 

・iPhoneの場合

iPhoneの場合、トーク履歴のバックアップ作業を行うためにiCloudを用いてバックアップします。

 

・androidの場合

Androidの場合はGoogleドライブを使ってLINEのトーク履歴をバックアップする方法が一般的です。

 

ただしトーク履歴のバックアップをアップロードした際に、まれにトーク履歴が引き継げない場合があります。

 

これは新しい端末の電波状態がよくない、または履歴を引き出すのに十分な通信が確保できていない可能性が考えられます。

 

これを解決するには、電波状態が良いところ、大きな建物の中であれば窓際などに行くと十分な通信を確保することができ、トーク履歴を引き継ぐことができるでしょう。

 

また、バックアップした際のOSのバージョンやLINEアプリのバージョンが古い場合にもトーク履歴を引き継げないことがあります。

トーク履歴をバックアップする際は、それぞれのバージョンが最新かどうか確認するようにしましょう。

 

まとめ

LINEはスマートフォンを一人一台持っていることが一般的となった現代社会において、必須のコミュニケーションツールとして存在しています。

 

LINEの引き継ぎがうまくいかないと、大切な思い出までも失ってしまうかもしれません。LINEの引き継ぎ時には十分に注意して、所定の手順で行うことをおすすめします。

 

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル

オッポについて

お問い合わせ

Copyright © 2019 オッポジャパン株式会社. ALL RIGHTS RESERVED