Googleの検索履歴を削除する方法!履歴を非表示にする方法も

Googleの検索履歴を削除する方法

スマホやパソコンを貸すことがある際、「検索履歴を見られたらどうしよう!」と、内心ドキッとしたことはありませんか?

 

決してやましいことがなくても、検索履歴を他人に見られてしまうと自分の心の中を覗かれているようで、なんとなくいい気持ちはしないですよね。

 

Googleの検索履歴は事前に設定しておくことで、他人に見られないようにできます。本記事ではGoogleの検索履歴を削除する方法や、表示・非表示を切り替える方法について解説します。

 

この記事を読めば、Googleの検索履歴に関する疑問を解決することでしょう。

 

Googleの検索履歴は価値がある

Googleの検索履歴は価値がある

 

Googleがユーザーの検索履歴を蓄積しているのは、検索精度を高めるためです。ChromeやSafari、Youtubeの検索履歴も残るので、どのような人がどんな情報を探しているのかという統計を取ることができます。

 

加えてGoogleはユーザーの検索履歴を元に、1人1人に合わせた広告を表示しています。その人が興味のある広告を表示するほどクリックされやすいので、検索履歴はいわば重要な個人情報です。

 

また検索履歴を残すメリットはGoogle側だけでなくユーザー側にもあります。何度もアクセスしたページは、次回以降の検索時も上位に表示されやすくなります。そのため検索履歴を残しておくことで、知りたい情報へとスムーズにアクセスできるようになります。

 

Googleの検索履歴は意味もなく残されているわけではなく、きちんと役割があります。

 

スマホ(iPhone/Android)の検索履歴を削除する方法

スマホ(iPhone/Android)の検索履歴を削除する方法

 

まずはスマートフォンの検索履歴を削除する方法についてです。

 

検索履歴はブラウザとGoogleアカウントの両方に残ります。そのため完全に検索履歴を削除したいのであれば、ブラウザとGoogleアカウントの両方に対して削除を実施する必要があるのです。

 

ここでは、

・Chrome(ブラウザ)

・Safari(ブラウザ)

・Googleアカウント

 

それぞれの検索履歴の消し方について紹介します。

 

Chrome(ブラウザ)の検索履歴を削除

①Chromeを開き、右上の「オプションボタン」を押下します。

Chrome(ブラウザ)の検索履歴を削除

 

 

②「履歴」を押下します。

履歴を押します

 

 

③一番上にある「閲覧データを削除...」を押下します。

閲覧データを削除

 

 

④「期間」から履歴を削除する期間を選択し、「閲覧履歴」にチェックを入れます。

閲覧履歴をチェック

 

 

⑤「データを消去」を押下すると、当該の閲覧履歴が削除されます。

データを消去

 

 

Safari(ブラウザ)の検索履歴を削除

 

①Safariを開き、右下の「ブックマーク(本マーク)ボタン」を押下します。

Safariを開き、右下(本マーク)ブックマークボタンを押す

 

②右上にある「時計マーク」を押下します。

右上にある時計マークを押す

 

 

③右下の「消去」を押下します。

右下の「消去」を押す

 

 

④消去する対象期間を選択すると、当該の閲覧履歴が削除されます。

消去する対象期間を選択すると、当該の閲覧履歴が削除される

 

 

③Googleアカウントの検索履歴を削除

①Googleマイアクティビティ(https://myactivity.google.com/myactivity)にログインし、右上の「オプションボタン」を押下します。

Googleマイアクティビティにログインし、右上のオプションボタンを押す

 

 

②「アクティビティを削除する基準」を押下します。

「アクティビティを削除する基準」を押す

 

 

③プルダウンから「検索」を選択し、「削除」を押下すると当該の閲覧履歴が削除されます。

プルダウンから「検索」を選択し、「削除」を押す

 

 

パソコンの検索履歴を削除する方法

パソコンの検索履歴を削除する方法

 

続いてはパソコンの検索履歴を削除する方法についてです。

 

パソコンの検索履歴についても、ブラウザとGoogleアカウントの両方に残るので、完全に検索履歴を消したいのであればそれぞれ削除する作業を実施する必要があります。

 

ここでは、

・Chrome(ブラウザ)

・Safari(ブラウザ)

・Googleアカウント

それぞれの検索履歴の消し方について紹介します。

 

Chrome(ブラウザ)の検索履歴を削除

①Chromeを開き、右上の「オプションボタン」を押下します。

Chromeを開き、右上のオプションボタンを押す

 

②「履歴」を押下します。

「履歴」を押す

③開かれたタブから、再度「履歴」を押下します。

開かれたタブから再度「履歴」を押す

④「閲覧履歴データの削除」を押下します。

「閲覧履歴データを消去する」を押す

⑤「閲覧履歴」にチェックを入れた後、「データを削除」を押下すると当該の閲覧履歴が削除されます。

「閲覧履歴」にチェックを入れた後、「閲覧履歴を消去する」を押すと当該の閲覧履歴が削除される

②Safari(ブラウザ)の検索履歴を削除

①Safariを開き、上部の「履歴」を押下します。

Safariを開き、上部の「履歴」を押す

②「履歴を消去...」を押下します

「履歴を消去」を押す

③開かれたウインドウから、再度「履歴を消去」を押下します。

開かれたウインドウから、再度「履歴を消去」を押す

 

Googleアカウントの検索履歴を削除

①Googleマイアクティビティ(https://myactivity.google.com/myactivity)にログインし、左側の「アクティビティを削除する基準」を押下します。

Googleマイアクティビティにログインし、左側の「アクティビティを削除する基準」を押す

②プルダウンから「検索」を選択し、「削除」を押下すると当該の閲覧履歴が削除されます。

プルダウンから「検索」を選択し、「削除」を押下すると当該の閲覧履歴が削除されます

検索履歴が削除できない?

検索履歴を削除したつもりなのに、検索バーに履歴が表示されてしまうという場合は、以下の事項を確認してみましょう。

 

ブラウザかGoogleアカウントの検索履歴が削除できていない

検索履歴はブラウザ(ChromeやSafari)とGoogleアカウントの両方に残ります。どちらか片方しか削除していない場合は、検索バーに履歴が表示されてしまいます。

 

完全に検索履歴を消すために、ブラウザとGoogleアカウントの両方に対して削除を実施しましょう。

 

Safariの機能制限がオンになっている

iPhoneの場合、Safariの機能制限がオンになっていると、検索履歴が削除できません。

 

Safariの機能制限は本来、子供に有害サイトを見せないようにするための機能です。デフォルトではオフになっているはずですが、検索履歴が消せない場合は何かの拍子にこれをオンにしてしまっている可能性があります。

 

以下、Safariの機能制限をオフにする方法です。

 

①設定画面にて、「スクリーンタイム」を押下します。

Safariの設定画面にて、「スクリーンタイム」を押す

②「コンテンツとプライバシーの制限」を押下します。

設定画面にて、「スクリーンタイム」を押す

 

 

③「コンテンツ制限」を押下します。

「コンテンツ制限」を押す

 

④「Webコンテンツ」を押下します。

「Webコンテンツ」を押す

⑤「無制限アクセス」にチェックを入れると、Safariの機能制限がオフになります。

「無制限アクセス」にチェックを入れると、Safariの機能制限がオフになります

 

履歴を残さずにサイトを閲覧するには?

いちいち検索履歴を削除するのが面倒だという人は、履歴を残さずにサイトを閲覧する方法もあります。ここでは履歴を残さずにサイトを閲覧する方法を解説していきます。

 

Chrome

Chromeのシークレットブラウザ機能(シークレット タブ)を使ってサイトを閲覧すると、履歴は残りません。

 

・スマホでシークレットブラウザ機能を使う方法

①Chromeを開き、右上の「オプションボタン」を押下します。

スマホでChromeを開き、右上のオプションボタンを押す

 

 

②「新しいシークレットタブ」を押下すると、シークレットブラウザ機能が起動します。

「新しいシークレットタブ」を押下すると、シークレットブラウザ機能が起動します

 

 

・パソコンでシークレットブラウザ機能(シークレット ウィンドウ)を使う方法

①Chromeを開き、右上の「オプションボタン」を押下します。

パソコンでChromeを開き、右上のオプションボタンを押す

②「新しいシークレットウインドウ」を押下すると、シークレットブラウザ機能が起動します。

「新しいシークレットウインドウ」を押下すると、シークレットブラウザ機能が起動します

Chromeの拡張機能(パソコンのみ)

パソコン限定ではありますが、Chromeの拡張機能「History Disabler」を使うと、自動で履歴を削除することができます。

 

「History Disabler」は下記からインストールできます。

https://chrome.google.com/webstore/detail/history-disabler/idfabmmfgdfcjehenodijniddhhgodgo?hl=ja

 

iPhoneでSafariを使用している場合

iPhoneでSafariを使用している場合は、プライベートブラウズ機能を使ってサイトを閲覧すると、履歴は残りません。

 

以下、iPhoneのSafariでプライベートブラウズ機能を起動する方法です。

 

①Safariを開き、一番右下の「アイコン」を押下します。

Safariを開き、一番右下のアイコンを押す

②左下の「プライベート」を押下すると、プライベートブラウズ機能が起動します。

左下の「プライベート」を押下すると、プライベートブラウズ機能が起動します

 

左下の「プライベート」を押下すると、プライベートブラウズ機能が起動します

検索履歴の表示/非表示を切り替える

検索履歴は削除せずとも、非表示にすることもできます。ここでは検索履歴の表示/非表示を切り替える方法について解説していきます。

 

パソコンで検索履歴を表示/非表示にする

① Googleアカウント(https://myaccount.google.com)にログインし、左側の「データとカスタマイズ」を押下します。

Googleアカウントにログインし、左側の「データとカスタマイズ」を押す

②「ウェブとアプリのアクティビティ」をオンにすると検索履歴が表示され、オフにすると検索履歴が非表示となります。

「ウェブとアプリのアクティビティ」をオンにすると検索履歴が表示され、オフにすると検索履歴が非表示となります

 

スマホで検索履歴を表示/非表示にする

① Googleアカウント(https://myaccount.google.com)にログインし、 右上の「データとカスタマイズ」を押下します。

スマホでGoogleアカウントの検索履歴を表示/非表示にする

 

 

②「ウェブとアプリのアクティビティ」をオンにすると検索履歴が表示され、オフにすると検索履歴が非表示となります。

「ウェブとアプリのアクティビティ」をオンにすると検索履歴が表示され、オフにすると検索履歴が非表示となります

 

 

検索履歴を確認する

検索履歴はいつでも簡単に確認することができます。ここでは検索履歴の確認方法について解説していきます。

 

検索履歴の見方

・Chrome(スマホ)の場合

①Chromeを開き、右上の「オプションボタン」を押下します。

検索履歴を確認するChrome(スマホ)の場合

 

②「履歴」を押下すると、検索履歴が表示されます。

「履歴」を押すると、検索履歴が表示

 

 

・Chrome(パソコン)の場合

①Chromeを開き、右上の「オプションボタン」を押下します。

剣先履歴を表示させるChrome(パソコン)の場合

②「履歴」を押下します。

メニューから「履歴」を押す

 

③開かれたタブから再度「履歴」を押下すると、検索履歴が表示されます。

開かれたタブから再度「履歴」を押下すると、検索履歴が表示されます。

・Safari(スマホ)の場合

①Safariを開き、右下の「ブックマークボタン」を押下します。

検索履歴の見方Safari(スマホ)の場合

②右上にある「時計マーク」を押下すると、検索履歴が表示されます。

一番右にある時計マークを押下すると、検索履歴が表示されます

・Safari(パソコン)の場合

①Safariを開き、上部の「履歴」を押下します。

検索履歴の見方Safari(パソコン)の場合

②「すべての履歴を表示」を押下すると、検索履歴が表示されます。

「全ての履歴を表示」を押下すると、検索履歴が表示されます

 

すべての検索履歴が表示されている様子

・Googleアカウントの場合

①Googleマイアクティビティ(https://myactivity.google.com/myactivity)にログインし、「日付とサービスでフィルタ」を押下します。

端末のGoogleアカウント全体のアクティビティを表示する場合

 

 

②「検索」にチェックを入れ、「虫眼鏡マーク」のアイコンを押下すると、検索履歴が表示されます。

「検索」にチェックを入れ、虫眼鏡マークアイコンを押下すると、検索履歴が表示されます

 

 

間違えて削除しても復元はできる?

間違えて削除した検索履歴は、残念ながら復元できません。本記事で紹介している検索履歴の削除を実施する場合は、十分に注意してください。

 

まとめ

Googleの検索履歴を削除するのは非常に簡単です。ただし検索履歴を残すことにはきちんと意味があり、次回情報を検索する際にアクセスがスムーズになるというメリットもあります。検索履歴を消さずとも履歴の表示/非表示を切り替えたり、一時的に履歴を残さずにサイトを閲覧する方法もあるので、うまく使い分けましょう。

 

 

 

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル

オッポについて

お問い合わせ

Copyright © 2019 オッポジャパン株式会社. ALL RIGHTS RESERVED